不思議な力を信じて成功する方法

なぜ成功者はみんな口をそろえて目に見えないものを信じろ、とアドバイスをするのでしょうか?その謎を解き明かしたいと思います。

ぼったくり注意!占いで相性を決める時に気を付けたい5つの事

特に女性に多いのですが、占い師にパートナーとの相性等を占ってもらう人が多いです。また、テレビや雑誌などでもそういうコンテンツが人気です

特に女性週刊誌では、必ず解いていいほど占いに関する記事があります。しかし、ネット上には沢山の占いがあります。
中にはトイレットペーパー占いといったようなものまであるようです。

 

星座やタロットといった一般的なものであれば、当たりそうな気がするのですが、トイレットペーパーとなると、ちょっと疑問ですよね
今回は、占いで恋人や旦那との相性、友人、知人・・・本当にこの人でいいのか?というときに、どのようにして、占いを正しく活用すべきか?を教えます。


電話占いヴェルニ

友達の相性

私の友達の一人に、占いを信じない人がいるのですが、その友達が珍しく占いをしてもらったというようなことを聞いたのです。友達はすごくその占いが的を射ていたことに興奮していて、それまで占いの類を全く信じていなかったのに、すっかり信じ込んでいるようだったので、私もその占い師に占ってもらいたいと思ったのです。

 

そこで、友達からその占い師がいるところを聞いて、電話で予約を入れて占ってもらうことにしました。

 

小さなアパートの一室にその占い師は住んでいて、60〜70代くらいの女性でした。

 

私を見るなり、私の魂は神様の次くらいに位が高く、とても珍しいというようなことを言われました。そういうことを言われたのは初めてではなかったので、それほど驚きませんでした。

 

テーブルのところに座って、生年月日を行って、紙に自分の名前を書きました。そして、その年はどん底の年で、それから2年間は何をやってもダメだというようなことを言われました。

 

そして、前世は全て男で、今世が初めての女だというようなことを言われて、その点は何となく自分でもそのような感じがして納得しました。そして、前世は武将が多くて、とても勇敢で戦っているところが見えると言われました。

 

そして、過去の前世では一回だけ僧侶だったことがあるということで、なるほどと思いました。とにかく2年後の節分までは何をやってもダメなので、おとなしくしているのが大事で、何事もゆっくりと判断して、慎重になることが必要だというようなことを言われました。とにかく、魂がきれいだということを強く言われて、紙に「ゆっくり」という文字を書かれて、何をするにもゆっくりとすることで、災難を避けることができるということでした。

 

ボロボロのボロ雑巾状態にあるということで、2年間は何をやってもダメなので、2年間は新しい出会いもいいことはなく、とにかく時が過ぎるのを待つしかないということでした。

 

前世が武将だったので、男っぽいところがあって、正義感が強く、曲がった事が嫌いなのだというようなことを言われましたが、確かにそういうようなところがあるので、占いは当たっているなと思いました。

 

占いは2000円でした。1時間しっかりと占ってもらって2000円というのは安いなあと思いました。どんな宗教にも属していないところも気分的に良かったです。友達が夢中になったのがわかるような感じがして、なんだかすっきりしたような感じがしました。

四柱推命

四柱推命という占いを聞いたことはあるでしょうか。

四柱推命とは中国に古くから伝わる占いです。何日に生まれたのか、生年月日をベースにその人の基本的な性格や恋愛運・友だち運・金銭運などを占っていきます。本当に当たっているのか、実際に経験した方の体験談をあつめてみました。

 

四柱推命の体験談

 

・王子さまに逢えました(34歳・女性)

なかなか婚期に恵まれず悩んでいたところ、四柱推命の占いと出会いました。

「本当に当たるのかな?」と最初は半信半疑だったのですが、いざ占ってみてビックリ。

短気でイライラしやすい私の基本性格や、惚れっぽく冷めやすい過去の恋愛観を見事に言い当てられ背筋が凍るような思いがしました。

「こんな私でも結婚できるんでしょうか?」と先生に尋ねてみたところ「できます」との嬉しいお言葉。

結婚できる女性になるための、開運にまつわるアドバイスをしてくれました。

先生のお言葉とおり実践してみたところ、婚カツパーティで意中の男性とゴールイン。先月婚約までおこない、幸せいっぱいです。

 

 

・心の中が透けて見えるようでした(29歳・女性)

主人と結婚してはや5年。仕事が忙しかったこともあり、なかなか子宝に恵まれず、主人の両親に「子どもはまだ?」とせかされる毎日が苦痛で仕方ありませんでした。

人生のモヤモヤ感に疲れて、四柱推命の占いを受けることに…。先生に結婚した年齢や、私の現在の心境をズバリ言いあてられ「ここまで、心の中が透けて見えるの?」と恐ろしい気持ちになりました。

先生は私には火のパワーが欠けていると助言してくれました。

先生のアドバイス通り、なるべく体を温めるよう努力してみたところ、占いから半年後見事に子宝に授かることができました。過去を占うだけではなく、未来を強運にかえてくれる四柱推命の力に感謝しています。

 

 

・気持ちが明るくなりました(21歳・女性)

気軽にコールできる、電話占いの四柱推命を受けました。片思いの彼の気持ちがわからず悩んでいたのですが、先生に相性を占ってもらい「彼はあなたのことが大好きなはず、これから必ず両想いになれる運勢よ」と太鼓判を押してもらいホッとしました。

見えない糸を手探りで探していた状態から開放され、気持ちがぱっと明るくなりました。

これまで彼から何か誘われても自分に自信が持てなく曖昧な態度を取っていたのですが、これからは気持ちを切り替えてポジティブな付き合いを目指していこうと思いました。

運命を切り開いてくれた先生に「ありがとう」と言いたいです。

結婚の相性をきめる

私は、まだ結婚する前に長年お付き合いしていた異性と、結婚相手としてはどうなのか占ってもらったことがあります。

結婚をするとなると、一生同じ家で暮らすのですから、相性がいいかはとても重要なことだと思ってます。

専門の占い師の所に二人で行って占ってもらい、結果としては、お互いの名前からして結婚する相手としては、合っているとのことです。お互いの欠点はいくつか出ていますが、それをパートナーがカバーするようになりますので、ずっと一緒にいた方がいいというなんとも嬉しい結果になったのです。

 

専門の所には、複数の部屋があり個々に気に入った所で占ってもらうことが出来るようになってます。夕方になると女子高生が多数いらっしゃる時間なので、占ってもらうなら早めの時間に行かれることをお勧めします。

 

方法もその方が持っている能力が各部屋で異なるので、部屋の前に張り出されているメニューをご覧になって決めておくといいです。冬の季節ですと外で待っていると風邪をひくこともあるので、暖かい恰好で利用することが大切です。

 

女子高生であれば恋に芽生える時期ですので、恋愛など占ってもらう方も多くいらっしゃいます。結婚となると、二人で苦難を乗り越えていくことが必要なので、気になる方は、ネットで調べて実際に足を運んで占ってもらうことが大切です。

 

占ってもらったことが実際に起きなけば、ケガなく過ごせて良かったと思うことが大事で、あまり、結果に対して思いつめないことです。といっても占う仕事をされてる方に占ってもらったので、心配は心配ではありますが、いつ頃気を付けることが起きるのか、聞いておけば、その時には行動に気を付けたりすることで回避出来るようになります。

 

生年月日と占いの関係

私がニューヨークに住んでいる頃、ニューヨークではボーイフレンドがいて、結婚を申し込まれていて、迷っていたのです。

その人のことは好きだったのですが、結婚となると目の前が真っ暗になるような感覚があって、いまいち乗り気になれなかったので、どうしてだろう?と自分でも不思議な気持ちになっていました。

 

それで、お正月に一時帰国していた時に、デパートの中の一角に特設会場があって、四柱推命で占ってもらうことができるようなものが行われていて、15分の占いで1000円だったので、日頃あまりお金を出して占いを受けたりすることがなかったのですが、二人の相性を占ってもらおうと思って、申し込み用紙に生年月日などを書いて係りの人に渡しました。

 

占い師は長テーブルに並んでいて、その中でも髭を生やした怖そうな人がいて、その人に当たったら嫌だな、と思っていました。とても人気がある占いで、かなり順番が来るまで待ちましたが、実際に順番が来たら、その怖そうな人に当たってしまったのです。

 

椅子に座ったら、開口一番、この人と結婚したら別居か離婚と言われました。なぜなら私には運命的に夫の存在があるのに、彼には妻の存在がないので、結婚したら別居か離婚というようになるというわけでした。

 

二人の関係は長続きしないということを聞いて、なんとなくすっきりしたような気がしました。

私はきっと誰かにやめるように言われたかったのだと思います。

付き合い始めて4年以上が経っていましたが、彼と一緒にいることは嫌ではなかったのですが、結婚となると、なんだか気分が重くなって、明るい気持ちになることができなかったのです。

 

占いで二人の関係はあまり良くないということがわかっても、すぐには別れることはできませんでした。

彼のことは好きだったので、別れることは考えることができなかったのです。

 

結果としてはそれから2年後に彼の浮気が原因で別れることになったのですが、占い師が占った後で、席を立った私に、生年月日を書いた彼の紙をひらひらさせながら、「これキープしながら、他を探しなさい」と言われたことが印象的でした。

 

私は彼をキープしながら他を探すほど器用ではなかったので、そのまま付き合っていたのですが、彼の方が浮気をして、それがわかっても知らぬ存ぜぬを通していたことが腹立たしいと思いました。今では結婚しなくて正解だったなと思いますが、そう思えるようになるまでかなりの時間がかかりました。

タロットで相性を決める

人間関係というのはどれも複雑な部分がありますし、自分で解決できないことも多々あることでしょう。特に恋愛問題においては、自分で把握できないことが増えすぎてしまい、混乱してしまうことさえもあるでしょう。

 

今現在付き合っている恋人との相性が、気になっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際に付き合っている人との長期間のやり取りをしていないと、相手の性格や気質というのはわからないものなのですが、この恋愛をこのまま続けてよいものかどうかということで悩んでしまうこともあるのです。

 

こんな場合には、やはり自分の恋愛における指針を持つべきです。人生には様々な分岐点があり、選び方によっては自分にとっての幸福が選ばれることもあります。逆を選んでしまうと、遠回りすることにもなりますし、さらに不安定な状態になることさえもあるのです。

 

そういった時に頼りになるのがタロットカードによるリーディングです。タロットカードは15世紀半ばぐらいから使われている占いの技法でもあります。大アルカナと小アルカナに分かれその意味を啓示してくれます。

 

良きサインがあればそれを示してくれますし、今の状況において何をすれば最も自分にとって良いのかということも全て導いてくれるのです。自分の超自我の中では、自分がどの道に行けば良いのかということもわかっては居るはずなのですが、常にエゴが邪魔しているという状態です。

 

ですから身近な人であればあるほど、関係性をどう維持していけば良いのかということがわからなくなってしまうのです。恋人との相性についてもその例外ではありません。相性の悪い人とずっと一緒にいても自分に良い事は1つもありません。

 

逆に、相性が良いのに寄り添うことができないのには何か問題点があるかもしれません。タロットカードはこのような人生における自分の目的自体を見極めてくれる効果的な運命の指針を与えてくれます。

 

まとめ

世の中にはたくさんの占いがあります。その中で、どれを選べばいいのか迷いますね。

しかし、迷うよりもまずはやってみる、とりあえずやってみるという事も大事です。

占い師は世の中にたくさんいますし、占い方もそれぞれあります。

ネットでの評判だけをあてにせずに、病院でたとえるなら、とりあえず行ってみて、相性が悪そうなら病院を変える、といったように、とりあえず占ってもらって、相性が悪そうなら、帆なの占い師に行く、というやり方が一般的なようです

 

色々な人に占ってもらってその中から自分のお気に入りの占い師を探しましょう
やはり、人と人は相性がありますからね。

 

恋人や友人との相性よりも、まずは占い師と自分の相性の方が重要である、という事です。







-不思議な力まとめ

関連記事

誰が何のために書いたのか分からないヴォイニッチ手稿

アメリカのコネチカット州にあるイェール大学のバイネッキ図書館にあるヴォイニッチ手稿は、世界で最も謎に包まれた奇書と言われています。 それは、約240ページに渡る手記が、文字や絵、図式で埋め尽くされてい …

当たる占い 当たらない占い 違いとは

女性は占いが大好きで、毎日の運勢だけではなく悩みがあった時に電話占いを利用している人もいます。 しかし鑑定結果に思いあたる節がなかったり、アドバイス通りにしたけれども結果が違っていた、ということもある …

インチキなチャネラー 本物のチャネラーの見分け方

チャネラーとは、普通の人には感じられないスピリチュアルなものを感知して、メッセージを伝える人のことです。 この世の中に存在するものには、それぞれ波長があります。 チャネラーはそれらの波長と同調すること …

ユングによる個人的無意識と集合的無意識ユング

無意識と言う言葉は、心理学の専門用語です。 「~を意識して!」などと言われたりして、誰でもその意味を把握していますが、無意識となると、しっかりその意味を把握しているかは疑問である方々が多いのではないで …

あなたの前世を現世で生かす方法とは

自分の前世はなんであったかは、話のネタとしては興味があってもあまり信用している人はいないものです。 しかし初めて会った人なのに親しみを感じたり、初めて行った場所なのに前に一度来たことがある様な「デジャ …