不思議な力を信じて成功する方法

なぜ成功者はみんな口をそろえて目に見えないものを信じろ、とアドバイスをするのでしょうか?その謎を解き明かしたいと思います。

瞑想は危険?安全なやり方とは?

瞑想とは、精神を統一することで、多くの効果をもたらすと言われており、現代では注目されているものです。

しかし、やり方を間違えてしまうと、大変なことに繋がってしまうこともあるので、正しいやり方を知っておかなければなりません。

たとえば、危険な瞑想のやり方をしてしまうと、精神的な症状が現れてしまう可能性があります。

たとえば、精神的な症状が現れ、泣いてしまったり、笑い出してしまったり、精神的に不安定な状態に陥ってしまうことがあります。

また場合によっては、身体的な症状が現れてしまう危険性もあります。

また、幻覚や幻聴が現れてしまうと言うこともあるようです。これらの症状は誰にでも現れると言うことではないですが、時々あります。


電話占いヴェルニ

危険な瞑想とは?

こういった症状が現れてしまう、危険性の高い瞑想とはどのような瞑想なのでしょうか。

まずは一つの瞑想のやり方として、長時間の瞑想があります。

瞑想とは短時間に集中して行うものであり、あまり長時間の間やり過ぎてしまうことはよくありません。

たとえば、一日に10時間以上瞑想に取り組んでしまったりすると、精神に異常をきたしてしまうこともあるのです。

また、スピリチュアルな体験などを求めすぎたり、悟りを開いたように思い込みすぎてしまったりするのも危険です。

また、日常生活での、ながら瞑想のように、適当なやり方で瞑想をすることも危険性が高いと言われています。

瞑想とはきちんと向き合う必要があり、けっして適当に済ませてしまってはいけないものです。

安全なやり方とは?

瞑想の安全なやり方には、いくつかのポイントがあるといえるでしょう。

それは、まずリラックスした状態で始めることが必要です。

瞑想をやっている人の特徴として、ストレスがあり、緊張状態であると言うことがあります。

この状態で瞑想をしていても、良い効果を得ることが出来ません。

また、一日2回程度、大体20分程度をめどに行うようにしましょう。

あまり多すぎても少なく過ぎても危険性が高いと言われています。

また、瞑想のやり方ですが、食前が好ましいと言われています。

食事を取った後は、瞑想にはあまり良くないタイミングであり、集中しにくいと言われています。

このように、瞑想にはタイミングがあると言うことを知っておくようにしましょう。

瞑想に固執しない

このように、瞑想には危険なやり方があると言うことが分かります。

さらに、瞑想を続けていくためのポイントがあります。

まずは、人生において、あまり瞑想そのものに固執しすぎないと言うことが大切です。

瞑想自体に固執しすぎると、そればかりになってしまい、期待しすぎてしまうことになります。

瞑想は、魔法というわけではありませんし、またおまじないというわけでもありません。

このため、リラックスした状態でする必要があります。

また、正しいやり方で、楽しみながらやることが必要です。

楽しくないのに、仕方なくやっているだとか、適当でやってもそれは効果がありません。

正しいやり方を知りながら、楽しみながらやるのが必要なポイントなのです。







-不思議な力まとめ

関連記事

シータヒーリングで自分のことが好きになる

シータヒーリングとは、瞑想の一種です。 シータヒーリングを行うことによって、思考を強化し、集中することができるようになります。 そして、身体を癒し、制約的な思い込みから解放する助けにもなります。 それ …

スピリチュアリストの聖地、セドナの7大ボルテックス

ボルテックス(vortex)は、直訳すると「(水・火などの)渦、渦巻き」となり、スビリチュアルにおいては「大地から強大なエネルギーが渦巻きのように放出されている場所」のことを指します。 つまりはパワー …

アバンダンスで充実した日々を過ごしましょう

アバンダンスって言葉を聞いても、何かわからない方が多いかもしれません。 ダンスと書かれているので、つい踊るものと思ってしまうかもしれませんが、実際には踊る行為をするのではありません。   こ …

オーラクリーニングのすすめについて

オーラはそもそも、人体が発する一種のエネルギーのことです。 人間だけではなく生物がいき続けている限り発しているもので、生体エネルギー、電磁波といった形で現れてくると考えてください。 ですから有名な女優 …

ワンネスを体験したいと思っている方に画期的な方法

スピリチュアルの世界では、ワンネスという状況が一番至福の状態であると考えられています。 このワンネスというのは、自分が全て、全てが自分であることを指しており、基本的には自分が幸福に満ちているような状態 …