不思議な力を信じて成功する方法

なぜ成功者はみんな口をそろえて目に見えないものを信じろ、とアドバイスをするのでしょうか?その謎を解き明かしたいと思います。

天使の種類は宗教の壁を超える。リンゴの警鐘

旧約聖書に登場する大天使ミカエル。果たしてその正体はいったい…。

旧約聖書と言えばキリスト教とユダヤ教が使う聖典と思われる方がほとんどだろう。

日本ではあまり知られていないのであるが、実はイスラム教のコーランにも、大天使ミカエルは登場するのだ。

キリスト誕生までの遙か昔の世界は、旧約聖書の時代。

その神話のような話が多数ある時代には、宗教の壁を越えて、天使だけでなく、ノアの箱舟や、アブラハムの話が語り継がれていたのだ。

キリストが生まれて、キリスト教、と言うものが出来た頃に、キリスト教とユダヤ教、イスラム教、と宗派は分かれたといっても過言ではない。

もともと、皆が使っていた旧約聖書だが、もちろん、これより異教の宗派もある。


電話占いヴェルニ

天使が登場しない国

大天使ミカエルが登場しない国がある。

それは、ヒンズー教と仏教がそうと言えるだろう。

仏教は比較的新しい宗派で、釈迦が誕生してからの話になる。

ヒンズー教や数々の宗教があるが、天使の登場となると、それらの宗教の登場よりも、もっとさかのぼって神話の時代の真実が求められるのだ。

旧約聖書、もしくは旧約聖書より以前の遙か昔の事柄は、どのように語り継がれているのであろうか。

その真相は、今まさに、異端とされながらも長らく続けられている宗派が語りついでいるのだ。

彼らの聖書には、天使の種類にまで記されているという。

それは物語として、小さな子供にも話して聞かせているというような、太古の話、地球誕生の頃の話にさかのぼるのだ。

天使の種類

先ず、古い宗教でなければ天使の時代までさかのぼることはできないと先ほど申し上げました。

それは、地球誕生が、大いなる神の偉業だという頃にさかのぼるのです。

そして、神は、地上に楽園を作られたと有名な話が語り継がれています。

その楽園に、神はアダムという男を作られました。そして、アダムの肋骨から、イブという妻を作られたのです。

このころは神の使いはすべて天使なのです。

アダムとイブも、神によって創られて、神の天使たちの元で楽園を過ごしていた時代から、あの有名なリンゴ、神の果実が盗まれる事件まで、これが人類の最も幸せな時代だったと語り継がれているのです。

それは、悪い天使にめぐりあうまでの時間とも言い換えることができるのです。

リンゴが伝える悪い天使

悪い天使、という表現が旧約聖書に書かれているのです。ああこれは、まさに、悪の象徴である、あのサタンです。

サタンは、昔、神の使いである天使でした。

しかし、神に憧れ、神に背きたくなり、神のおつくりになられたアダムを誘惑したのです。

そう、あの蛇は、まさに悪い天使、サタンの変化と語り継がれています。

私たち人間は、何前年もたった現代でも、リンゴを見る度に、神に背いてリンゴを食べるように薦めた蛇、サタンの言葉を思い出さなければならなくなったのです。

リンゴを絶対に食べないようにと、言われた神と、蛇に騙されてリンゴを食べたアダム。

アダムは神に背いた報いとして、楽園を追放されます。

現代でも、リンゴを見る度に、我々は、真実を見極める大切さを思い知るのです。

サタンは蛇に化けるだけではありません。貴方は真実を見極めることができるでしょうか。







-不思議な力まとめ

関連記事

丹光の色をチェックして、チャクラを開こう

ホットヨガやヨガが日本でも知られ、普及されてきたことによって、チャクラという言葉も非常に日常的に使われるようになってきました。 チャクラとは身体の中に存在するエネルギーの出入り口のことです。 &nbs …

誰でも分かる、大天使ラファエルの正体

大天使ラファエルの正体を知る前に、皆さんは「天使」の役割をご存じでしょうか。 天使には9つの階級があり、以下の様になります。   1.「熾天使(Seraphim)」 2.「智天使 (Cher …

あなたの前世を現世で生かす方法とは

自分の前世はなんであったかは、話のネタとしては興味があってもあまり信用している人はいないものです。 しかし初めて会った人なのに親しみを感じたり、初めて行った場所なのに前に一度来たことがある様な「デジャ …

ライトワーカーの特徴と、その特徴の生かし方について

ライトワーカーとは、恐れや不安を抱えた地球の人々を助けるために、生まれてきた人たちのことを指します。 人々にスピリチュアルな出来事や物事などを伝えたり、あるいはこれらの世界などを伝えることを目的として …

恋愛成就は潜在意識に思い、訴えかける

人間、だれもが心に思うところがあります。 しかし、その「精神」「心」と通じるものは頭にあるものなのか、心臓にあるものなのかまだまだ解き明かされていないのが今の実態です。   意識や心とはまだ …