不思議な力を信じて成功する方法

なぜ成功者はみんな口をそろえて目に見えないものを信じろ、とアドバイスをするのでしょうか?その謎を解き明かしたいと思います。

大人のインディゴチルドレンって?

皆さんは「インディゴチルドレン」をご存知でしょうか?

彼らは1970年代以降に生まれたインディゴのオーラを持った人達です。

そのオーラは従来から当たり前のように機能し続けている古いシステム・概念を壊す力を放っていると考えられています。

チルドレンと付いていますが大人のインディゴチルドレンも存在しています。

その大人というのはどのぐらいの年齢を指しているのかというと1970年代よりも前に到着している人達です。

前述の通りインディゴチルドレンは1970年代に生まれたとされています。

なので、それよりも前に地球に到着したグループのことは大人のインディゴチルドレンと呼ばれているのです。

 


電話占いヴェルニ

敢えて辛い方向を選んで戦う

今日では多少なりとも柔軟な考え方が受け入れられつつありますが、昔はそういったことは非常に困難だということが大半です。

なので大人のインディゴチルドレンは気性が荒々しくて、とても困難な人生を歩んできたという人が多いのです。

そして、あえて、辛い人生を選択しやすいという特徴も持っています。

これは、インディゴチルドレンが根底に持っている時代を変えるという考えからです。

そのため、気づけば自分から複雑な問題に絡んでいくということも多いです。

そして、とても生きづらいと感じながらも周りに存在している古い価値観に縛られて苦しんでいる人達の価値観を打ち破って新しい価値観を教えていくということを1つの使命として生きているのです。

自分を守るのも大切

大人のインディゴチルドレンは生きづらさを感じて社会に順応できないと人との接触を避けたり、機械的に働いたり、引きこもってしまっている人も沢山います。

インディゴチルドレンは勇敢な存在なのですが、そのために自分を苦しめるのはいいとは言えません。

ですから、小規模な職場を選択したり、自分に合った生き方を探したり、自分が持っている何かしらの才能に気づいているのならそれを表現するといったものもあります。

インディゴチルドレンはずば抜けた才能を1つ生まれてきているんですよ。

決してネガティブな方向にばかり物事を考えずに、1度自分と向き合って本当はどうしたいのかを考えてみましょう。

そうして自分が変わると周りも変わってくるのです。

カウンセラーに相談するのも効果的ですよ。

インディゴチルドレンは光だ

あなたは今、自分自身をこの世に必要とされない存在と考えているかもしれません。

しかし、実はあなたは現在の凝り固まった世界に必要不可欠な光の存在なのです。

それにあなたが気付けば、自分自身は勿論のこと周りも光り始めますし、その周りには沢山の人が集まり始めます。

大人のインディゴチルドレンとして生まれて、自分はいらない存在ではなくむしろ必要な光であり、救世主になることが出来る人間なんだということに気づけたら少しでも今まで抱えていた生きづらさからは解放されると思います。

そして、暗くて古い、鎖のような存在をあなたが壊して新しい世界を開くことであなただけでなく他の多くの周りの人間も救い出すことが出来るのです。







-不思議な力まとめ

関連記事

ウニヒピリケアで記憶と意識をクリーニングしよう

ウニヒピリはハワイに伝わる「ホ・オポノポノ」という悩みや問題解決手段に関係してくるものです。 ホ・オポノポノは心の浄化や洗濯、関係の修復や修正などを目的にしていて、悩みや不安を正しい道に戻ることで解消 …

満ち欠けする月と共にリズムを作るムーンダイエット!

潮が満ちたり引いたりするのに月の満ち欠けが影響をしているというのは知られていますが、身体のほとんどが水でできている生き物の身体も当然無関係ではないと考えられています。   その影響を利用して …

14大天使の種類と守護聖人としての特徴

小さな子供の屈託のない笑顔や赤ちゃんの寝顔を見て、「天使のようだ」と思うことはありませんか? 天使と聞いて日本人が思い浮かべるのは、背中に羽のある可愛らしい子供の姿です。アニメやお菓子のキャラクターの …

スピリチュアリストの聖地、セドナの7大ボルテックス

ボルテックス(vortex)は、直訳すると「(水・火などの)渦、渦巻き」となり、スビリチュアルにおいては「大地から強大なエネルギーが渦巻きのように放出されている場所」のことを指します。 つまりはパワー …

エンジェルナンバーはスピリチュアルなメッセージ

私たちの生活の中には数字が溢れています。 電話番号、列車を待つホーム、誕生日、約束の日時、そして何気なくみたときの時計の数字。数字がない毎日はありませんね。 そして、何気なく見ていた数字が重なったりす …