不思議な力を信じて成功する方法

なぜ成功者はみんな口をそろえて目に見えないものを信じろ、とアドバイスをするのでしょうか?その謎を解き明かしたいと思います。

世界に響く謎のアポカリプティックサウンド

アポカリプティックサウンドとは原因のわからない謎の大音響が周囲一帯に響き渡るという、2011年頃から世界中で話題となった現象です。

動画投稿サイトなどに次々と実例が報告され、その数は世界中で100箇所以上にもなるとされています。

その恐ろしげに響き渡る重低音から、ヨハネ黙示録に記載された世界の終焉を告げるラッパの音を連想する人が相次いだことでその現象は「黙示録の音」、アポカリプティックサウンドと呼ばれるようになりました。

実際に世界が滅んでしまう前兆ではないかと大真面目に議論され、一時期はオカルトの域を超えた深刻なテーマとして議論が尽くされたと言います。

しかし、ご存知のように今現在まだ幸いにも世界は滅んではいません。


電話占いヴェルニ

音は世界中で聞かれたものの

アポカリプティックサウンドの原因には諸説あります。

そしてそれぞれ、地殻変動がもたらした音であるから大地震の前触れであるとか、地磁気の乱れが原因だから宇宙からの放射線に注意しなければならないとか、あるいはUFOが飛来する際の飛行音だから宇宙人による侵略に備えなければならないといった、アポカリプティックサウンドに端を発した様々な意見が飛び交いました。

実際にNASAをはじめとして科学的な調査も繰り返されましたが、これという決定的な結論を出すには至らず、そしてまた世界も終わることなく存続しています。

では一体、アポカリプティックサウンドとは本当は何だったのでしょうか。いくつか興味深い仮説も語られています。

有力な仮説の数々

NASAや著名な物理学者といった科学の立場からは、アポカリプティックサウンドの原因は電磁波であろうという仮説が多いようです。

また単純に、遠く離れた工事現場の音が山彦のように伝播して聞かれただけだという説もあります。

ですが、それだけでは世界中で頻発したアポカリプティックサウンドの全てを説明することは、とてもできないでしょう。

他にも面白い仮説として、地底空洞説というものがあります。

地球の地下には多くの空洞が存在しており、そこから空気が噴き出す際に笛の音のように地上に音が鳴り響くのだというものです。

かつて世界中で信じられていた、地球内部には未知の世界が広がっているという冒険物語を想起させるような説です。

そこには宇宙のロマンがあるかも

結局、アポカリプティックサウンドが何なのかは誰にもわからないまま、その存在も少しずつ忘れられようとしています。

しかし、世界が滅ばなかった今だからこそ一つだけはっきり言えることがあります。

それはアポカリプティックサウンドが実は「黙示録の音」などではなく、新しい世界へと導く福音だったのかも知れないという可能性です。

宇宙からの電磁波説も地底の空洞説も、未だに人類は天地の事象に無知であることを示しています。

諦めることなくアポカリプティックサウンドを解析していくことで、そこから学べることは多いのではないでしょうか。

もしかしたら、そこには本当にUFOで飛来した宇宙人からのメッセージが隠されているのかも知れません。







-不思議な力まとめ

関連記事

引き寄せの法則で恋愛成就を目指そう

引き寄せの法則とはいわば、「それ自身に似たものを引き寄せる」ということです。 思考や感情は常に引き寄せの法則によって似たものが引き寄せられ、最終的には経験になっているということです。 個人がそれらをす …

瞑想は危険?安全なやり方とは?

瞑想とは、精神を統一することで、多くの効果をもたらすと言われており、現代では注目されているものです。 しかし、やり方を間違えてしまうと、大変なことに繋がってしまうこともあるので、正しいやり方を知ってお …

引き寄せの法則をいかす方法は執着を無くすこと

引き寄せの法則と言う言葉を聞くと自分がこうなりたいと言う出来事が向こうから勝手にやって来てくれると言う都合の良い解釈をしてしまいがちです。 お金持ちになりたい、あんな仕事がしたいと願っていればそんな状 …

民間療法として知られているレイキヒーリング

レイキヒーリングは民間療法の一つとして知られています。   最近では、手当両方やエネルギー療法とも言われていて、施術者は患者さんに軽く手を当てることで、レイキというエネルギーを送ります。 & …

運命の人?他人だけれど自分でもあるツインソウルとは

ソウルメイトという言葉を耳にしたことがあるかたは多いでしょう。 肉体は死と共に消滅してしまいますが、魂は不滅のものと考えられていて、輪廻転生を繰り返し何度も生まれ変わって肉体に宿ります。   …