不思議な力を信じて成功する方法

なぜ成功者はみんな口をそろえて目に見えないものを信じろ、とアドバイスをするのでしょうか?その謎を解き明かしたいと思います。

ライトワーカーの特徴と、その特徴の生かし方について

ライトワーカーとは、恐れや不安を抱えた地球の人々を助けるために、生まれてきた人たちのことを指します。

人々にスピリチュアルな出来事や物事などを伝えたり、あるいはこれらの世界などを伝えることを目的として生まれてきています。

また、ライトワーカーは見える世界と見えない世界の架け橋としての使命を持って生まれてきています。

ライトワーカーの人生の目的は、人々にスピリチュアルな世界を伝えることでもあります。

ライトワーカーという言葉を聞き、もしかしたら自分はライトワーカーではないかと思う人はけっこういるようです。


電話占いヴェルニ

ライトワーカーの特徴とは?

自分がライトワーカーどうか判断するためには、色々な判断基準があり、インターネット上には、その判断基準などが掲載されています。

さらに、ライトワーカーかどうかの特徴として、たとえば人を助けるための職業に就いているということが多いのが特徴です。

たとえばガイドや看護の仕事、介護の仕事など、人を助けることを目的とした仕事に就いていることが多いです。

どれだけ過酷で、金銭的にも恵まれていなくとも、これらの仕事に就き、人を導くことで、喜びを感じることが多いようです。

誰かを助けるために、自らの身を差し出す…こういった方が、ライトワーカーにはとても多いと言われているのです。

また、ライトワーカーの方がいるだけで、周囲の人は影響を受けることが多いようです。

ライトワーカーの特性

ライトワーカーの特性として、たとえば、日本国内で大きな災害などが起こるといつもボランティア活動などしていることが多いという特性があります。

さらには、幼い頃からは集団に属さず、変わっているという評価を受けることも多いと言われています。また、会社に属して働くよりも、フリーランスや専門職として働いている方が非常に多いと言われています。

物質的なものにあまり関心はなく、昔からスピリチュアルなことに関心があり、それらの物事に吸い寄せられるという傾向があると言われています。

他人よりも感受性が強いことも多く、ストレスなどに弱いという傾向もあるようです。

ライトワーカーの特性というと、このような特性があるといえるでしょう。

ライトワーカーの生かし方とは

ライトワーカとして目覚めた場合には、この能力などをどのように生かしていけばいいか悩んでしまうと言う方も多いようです。

そこで、ライトワーカーとして目覚めた場合、どのようにそれを生かせばいいのでしょうか。

たとえば、ライトワーカーとしてのその表現方法は千差万別であるといえるでしょう。

たとえば、本を書いたり、絵を描いたりして、それらの能力をアーティストとして発揮する方もいれば、芸能界などで活躍し、オーラを相手に与える仕事に就いている方もいます。

また、医療系のお仕事や、ヒーラーとして、直接他人を助けているという方もいます。

またボランティアスタッフとして、無償で手助けをされている方もいます。

ライトワーカーとして活躍するためには、色々な道があることを知ることが必要なのです。







-不思議な力まとめ

関連記事

天使の種類は宗教の壁を超える。リンゴの警鐘

旧約聖書に登場する大天使ミカエル。果たしてその正体はいったい…。 旧約聖書と言えばキリスト教とユダヤ教が使う聖典と思われる方がほとんどだろう。 日本ではあまり知られていないのであるが、実はイスラム教の …

運命の人?他人だけれど自分でもあるツインソウルとは

ソウルメイトという言葉を耳にしたことがあるかたは多いでしょう。 肉体は死と共に消滅してしまいますが、魂は不滅のものと考えられていて、輪廻転生を繰り返し何度も生まれ変わって肉体に宿ります。   …

シータヒーリングで自分のことが好きになる

シータヒーリングとは、瞑想の一種です。 シータヒーリングを行うことによって、思考を強化し、集中することができるようになります。 そして、身体を癒し、制約的な思い込みから解放する助けにもなります。 それ …

カウンセリングであらゆる依存症の克服をはかろう

現代社会はさまざまなエンターテインメントがあふれています。 それとともに様々なストレスが周囲にあふれる社会といえるでしょう。 もちろん、ダイバーシティにあふれてて、画一的な人生を歩む必要がないことは非 …

引き寄せの法則で恋愛成就を目指そう

引き寄せの法則とはいわば、「それ自身に似たものを引き寄せる」ということです。 思考や感情は常に引き寄せの法則によって似たものが引き寄せられ、最終的には経験になっているということです。 個人がそれらをす …