不思議な力を信じて成功する方法

なぜ成功者はみんな口をそろえて目に見えないものを信じろ、とアドバイスをするのでしょうか?その謎を解き明かしたいと思います。

運命の人を引き寄せるシンクロニシティのパワー

シンクロニシティというのは、日常的に誰でも経験したことがある現象なのです。

 

連絡していないのに、同じ日の同じ時刻に、同じ場所で知り合いと出くわしたとか、電話をかけようとしていた相手から電話がかかってきたなどがよくある例です。

 

 

予想外に意外な相手と出会うこともありますが、相手のことを考えていたら、目の前にいきなり現れるということもあります。

1度くらいならまだしも、何度も続けてタイミングが合うのは、シンクロニシティによって、相手を引き寄せる力が働いているのです。

 

狙っていると起こらないのですが、何も考えずに直感で動いた時ほど、シンクロニシティが起こりやすくなるのです。

 

人には自分ではコントロールできない潜在意識というものがあり、直感的に行動すると、心が導くままに動くことができます。

シンクロニシティは潜在意識と繋がっていて、関わりたいと願っている相手を自然に引き寄せる効果があるといえます。


電話占いヴェルニ

シンクロニシティは偶然ではない

何度かシンクロニシティを経験して、相手との関係が特別なものに感じた時、それは偶然というレベルを超えています

相手が同性なら気の合う友達感覚ですが、異性だとすれば、運命の人かもしれないのです。

シンクロニシティをただの偶然と考える人も多いですが、偶然は必然性も含んでいて、必ず会う運命になっているとも考えられるのです。

 

それなのに、偶然よく会う人くらいにしか思っていなければ、運命の人をそのまま逃すか、それとも、今はまだ相手と深く関わる時期ではないのかもしれません。

 

もしもシンクロニシティによって、運命の人が引き寄せられるのなら、偶然だと簡単に片付けるのは勿体ないですね。

 

ですから、何度もシンクロニシティを感じさせる相手が見つかったら、関わりをもつことで成長できる何かがあるメッセージだと考えてください。

エゴとシンクロニシティの関係

人の心にはエゴというマイナスな感情があります。

シンクロニシティが続けて起きた時に、自分にとってのキーパーソンだと気づかず、そのままやり過ごしてしまう時にもつ感情です。

 

運命の相手なわけがない、何度も会うのは偶然、という頭の中だけで考えをまとめてしまう傾向があるのです。

ほとんどの人は、意識せずにエゴの感情に振り回されていて、物事がうまくいかないと何度もエゴによる感情支配を受けてしまいます。

 

恋愛に奥手で、どうせ上手くいかないと諦めている人は、たとえシンクロニシティで引き寄せられても、そのチャンスをみすみす逃してしまうのです。

 

そして後になってから、何度も出会っていたのは運命の人だったのかなと後悔することになります。

 

エゴが強いと直感が鈍りやすく、運命の人を見極めるのが難しくなるので、もっとシンクロニシティの重要性を考えるべきですね。

シンクロニシティとピュアな精神

エゴの感情は頭の中だけで結論を出そうとすることであり、シンクロニシティによる奇跡を邪魔してしまいます。

そうならないためには、直感を信じて行動することが大事になってくるのです。

 

直感とは何も考えず、五感で物事を感じきることで、自分が好きなことをしている時に活発になります。

例えば、ドライブしながら素敵な景色を見ている時とか、好きな音楽を聴きながらのんびりしている時などです。

利害なく、ただやりたいことをしている時こそ、シンクロニシティが起こりやすくなる瞬間です。

 

現実的かつ物理的に物事を解釈している時は、エゴが精神をコントロールしている状態です。

それに負けないように直感を働かせ、潜在意識に沿った行動をとれば、ピュアな精神状態をキープできるのです。

 

ピュアな精神は運命の人を引き寄せるために、最も必要なものですから、やりたいことを優先して心を解放させてあげましょう。

シンクロニシティが頻発するようになり、運命の人と出会えるチャンスが巡ってきます。







-不思議な力まとめ

関連記事

新月アファメーションとは?叶うお願い事の書き方

目標を立てて何かを行おうとしたとき、最初に強く願いを込めることで実現しやすくなるとされています。   「ダイエットを成功させたい!」「恋を成就させたい!」「試験に合格したい!」、いろいろとあ …

大人のインディゴチルドレンって?

皆さんは「インディゴチルドレン」をご存知でしょうか? 彼らは1970年代以降に生まれたインディゴのオーラを持った人達です。 そのオーラは従来から当たり前のように機能し続けている古いシステム・概念を壊す …

大人なのに子ども?子どもなのに大人?実年齢と魂年齢

年齢的には若いのに落ち着いていてどんな大人よりもしっかりした考えを持っている人、逆にいい歳なのに思考回路が子どものような人、世の中には実年齢とずれた精神を持っている人が少なくありません。   …

インチキなチャネラー 本物のチャネラーの見分け方

チャネラーとは、普通の人には感じられないスピリチュアルなものを感知して、メッセージを伝える人のことです。 この世の中に存在するものには、それぞれ波長があります。 チャネラーはそれらの波長と同調すること …

スピリチュアリストの聖地、セドナの7大ボルテックス

ボルテックス(vortex)は、直訳すると「(水・火などの)渦、渦巻き」となり、スビリチュアルにおいては「大地から強大なエネルギーが渦巻きのように放出されている場所」のことを指します。 つまりはパワー …