不思議な力を信じて成功する方法

なぜ成功者はみんな口をそろえて目に見えないものを信じろ、とアドバイスをするのでしょうか?その謎を解き明かしたいと思います。

日本のスピリチュアルにまつわる詐欺や異常という印象

日本ではスピリチュアル的なことについてはどうしても詐欺や異常性といったものを連想しやすくなります。

 

占いなどを用いて詐欺を行ったり、宗教に深く入り込みすぎることで人としての常識から外れた異常な行動があったりという形で報道されることが多いため、スピリチュアルなこと全般に対してこうしたイメージを持っている方も多いものです。

 

しかし、スピリチュアル的なものはもともとそういったものではなく、人の生き方を良い方向へ導いてくれるものでもあるのです。

その使い方を間違えているから詐欺や異常な行動へと進んでいってしまうことになります。

 

これは私たちの身の回りにある道具や機械などあらゆるものに同じ事が言えるでしょう。使い方の問題であるということは理解しておきたいものです。


電話占いヴェルニ

日本で受け入れられにくい理由は

海外では当たり前のようにスピリチュアルなことが受け入れられていても、日本ではどうしても受け入れにくいというのはなぜでしょうか。

まず考えられるのは日本人が宗教に対して距離をとっているという事です。

 

特定の宗教を信じているというわけではなく、生まれたらお宮参りで神社へ、結婚したら式は教会で、亡くなったら葬儀はお寺で、など、様々な宗教施設をその都度使い分けています。

 

一つの宗教にこだわりがないため、特に宗教性というものを意識する機会がないのだと考えられます。

海外では生活と宗教が密接にかかわっているところも多く、そういったところの方が特定のスピリチュアルなことについての信頼性というものは高くなっていくといえるでしょう。

実は受け入れる基礎はある

日本人は特に宗教にこだわりがないため、スピリチュアルなことに対しての意識もまた低いという事が言えますが、その反面、一つのことにこだわっていないため、幅広いスピリチュアルなことについて受け入れる基礎があるということができます。

 

もともと日本には八百万の神という考え方があり、あらゆるものに神様が宿ると信じられてきました。

 

そのため、良いことであれば受け入れることがしやすいのです。むしろ、受け入れてしまいやすいからこそ、深みにはまってしまい問題が生じるという事も起こるのです。

信じすぎないこと、うまく付き合っていくことを意識していけば、スピリチュアルな物事については取り入れていきやすい環境にあるということができるでしょう。

詐欺や異常なことを避けるために

占いなどによる詐欺、過度にスピリチュアルなことを信じてしまうために起こる異常さというものは、深く入り込みすぎることから生じます

 

生活のスパイスとして使う事なら良いですが、生活に支障が出たり、一般的な生活とはあまりにもかけ離れた状態になるようなら、一度引いてみるということが重要です。

 

金銭の負担を求められることが続いていたり、周りの人からのめりこみすぎていることを指摘されたような場合は、自分の取り組みを一度留めてみて、客観的に見てみるようにしてください。

一度立ち止まってみることで、状況がおかしくなっているという事に気が付くこともあります。

 

こうした形で意識していくことで、スピリチュアルなものと上手に付き合っていけるようになるでしょう。







-不思議な力まとめ

関連記事

オーラクリーニングのすすめについて

オーラはそもそも、人体が発する一種のエネルギーのことです。 人間だけではなく生物がいき続けている限り発しているもので、生体エネルギー、電磁波といった形で現れてくると考えてください。 ですから有名な女優 …

成功者 占いを上手く活用する方法とは?

運をつかむ人と運を逃がしてしまう人がいると言われていますが、成功者ほど、占いを上手く活用していると言われています。 チャンスというものは、一回きりであり、タイミングを逃してしまうと、その成功のチャンス …

チャネリングの方法!簡単にできるチャネリングとは?

そもそも、チャネリングとはどういったものなのでしょうか。   チャネリングは、高次元の存在だったり、あるいは死者、そのほかにも神様や肉眼ではみえないものの存在と交信をすることを指します。 チ …

ダウジング占い!その魅力とは?

ダウジングとは、金属や木といったものを素材にした道具などを使用し、そしてそれを振り子のように用いて、何らかの捜し物をしたり、あるいは占いをしたりするという戦術の一つとなります。 元々は、民族的な秘密の …

残留思念は何かを知って、ポジティブに考える

日本人なら誰もが「成仏できない」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。   心残り、思い残すことが強い時に、冗談めかして言ったことがある人もいると思います。   残留思 …