不思議な力を信じて成功する方法

なぜ成功者はみんな口をそろえて目に見えないものを信じろ、とアドバイスをするのでしょうか?その謎を解き明かしたいと思います。

幸せになる為にソウルメイトを引き寄せる方法

「ソウルメイト」というと親友よりも大切な人という響きでカッコよく聞こえます。

直訳すれば「魂の友」ですが、これは「生涯の伴侶」を意味するものではありません。

ソウルメイトは、お互いが魂を成長させる為に必要な仲間のことです。

ライバルとして競ったり、必要な時には助け合ったりすることで、お互いが成長していく過程にいる存在なのです。

ソウルメイトに出会うと、初対面とは思えなかったり、全く違う環境で育ってきたにも関わらず価値観が同じだったりすることがあります。
しかし恋愛感情を抱くのは前世からの「業」によるものが大きく、真のソウルメイトはもっと自然に近くにいるものです。

ソウルメイトを引き寄せるには余計な執着をなくすことが大切です。


電話占いヴェルニ

ソウルメイトを正しく理解する

ソウルメイトを引き寄せる為には、正しく理解することから始めましょう。

そもそもソウルメイトは「損得が生じる相手」ではありません

出会えば自分にとってプラスになることは確かですが、依存心が強すぎると引き寄せられないのです。

「とにかくソウルメイトが欲しい」と強く思っていると、少しでも相性が合わないと思った相手に対してフィルターをかけてしまいます。

たった一人のソウルメイトを探す為に、他の人達の心をないがしろにする可能性があるのです。

ソウルメイトは実はたった一人とは限らず、複数のソウルメイトと浅く繋がることで、相乗効果で魂が成長していくこともあるのです。

多くの人達と知り合い、その中から一緒にいることで自分が成長できると思う人をみつけていく様にしましょう。

自分から縁を遠ざけない

ソウルメイトを引き寄せるには、自分からご縁を遠ざけないことも大切です。

常に自分に自信がなく、「だから私はダメなんだ」「また失敗したらどうしよう」「あの人が羨ましい」と思っている人は、自分から心を広げることができないのでソウルメイトとは出会えません。

現在の自分の生活に満足していて、「生涯の伴侶も友人も必要なく、自分一人でも生きていける」と思っている人も、自らソウルメイトを遠ざけていることになります。

過去に人間関係でトラブルを経験していて、それがトラウマになっている人も自然と自分の殻に閉じこもってしまい、相手からのアプローチをシャットアウトしているのです。

自分の中の人に対する負の感情を全てクリーンにして、人との出会いは素晴らしいと感じる心を持ちましょう。

自分が幸せになる

ソウルメイトが現れれば確かにあなたは今後魂が安らぎと成長を感じることができるでしょう。

しかしそれまで受け身になっているのでは、差し出された手に気が付かずに終わってしまいます。

ソウルメイトを引き寄せるには、まず自分から幸せになる様に行動をして、周囲にアピールすることもたいせつです。

幸せなオーラはポジティブですので周囲に対しても影響力を発揮します。
ソウルメイトが近づけば反応し合い、引き寄せられてくるでしょう。

常に向上心があり努力をしている人は、目的に向かって当たらずとも遠からずの位置に漁場を設定することができます。

その結果ソウルメイトも見つかり易く、出会った時点で「気になる存在」であることに気付くでしょう。







-不思議な力まとめ

関連記事

悪魔信仰(サタニズム)は意外とクリーン?

悪魔信仰(サタニズム)という言葉を聞くと、それだけでおどろおどろしい悪魔をイメージする人も多いでしょう。 悪魔に魂を売り契約をして、悪の力を手に入れた黒装束の人達が地下に集まり、夜な夜な黒魔術の集会を …

インディゴチルドレンの特徴と使命

インディゴチルドレンというのは、エンジェルセラピーのカウンセラーをしているドリーン・バーチューという人が提唱したのが始まりです。   インディゴチルドレンは、地球の波動上昇をサポートするため …

男性性と女性性のはぐくみ方について

男性の中でも男性性が非常に強かったり、女性性が強い場合もあれば、女性であっても女性性が強かったり、男性性が強い場合もあります。 これはある意味個性であり、よいこと、悪いことではありません。 仕事でもプ …

当たる占い 当たらない占い 違いとは

女性は占いが大好きで、毎日の運勢だけではなく悩みがあった時に電話占いを利用している人もいます。 しかし鑑定結果に思いあたる節がなかったり、アドバイス通りにしたけれども結果が違っていた、ということもある …

新月の持つデクラレーションを知ろう

誰でもこれを叶えて欲しい、成功したいことをがあるので願い事をしようと思っているかもしれません。 これは人なら誰でも行っているものですし、絶対に行うことの1つでもあります。   デクラレーショ …