不思議な力を信じて成功する方法

なぜ成功者はみんな口をそろえて目に見えないものを信じろ、とアドバイスをするのでしょうか?その謎を解き明かしたいと思います。

丹光の色をチェックして、チャクラを開こう

ホットヨガやヨガが日本でも知られ、普及されてきたことによって、チャクラという言葉も非常に日常的に使われるようになってきました。

チャクラとは身体の中に存在するエネルギーの出入り口のことです。

 

第1チャクラから第7チャクラまであり、第1チャクラは尾てい骨のあたり、そして第7チャクラは頭頂部になっています。

非常に現実的な第1のチャクラから、第7のチャクラは高次のスピリチュアル的な能力の覚醒、人生の目的そのものと変わってきます。

 

自分のチャクラが今、どの段階にあるのかということが大事になってきます。

 

チャクラを開くという表現を使いますが、チャクラが開いていうことによって身体の中のエネルギーの流れそのものがスムーズになってエネルギーを取り込むことができるようになるのです。


電話占いヴェルニ

丹光とは…

それでは、丹光の説明にうつりましょう。丹光とチャクラとは密接な関係にあります。

丹光とは目を閉じていても見える光のことを言います。

実は目を開けていても見えるのですが、いろいろと視界を遮るものもありますので、目を閉じたほうが見やすいでしょう。

 

丹光とは目を閉じた状態、サードアイと呼ばれるもので見ている光のことを言います。

 

サードアイとは目と目の間の少し上に位置しているもので、このサードアイが活性化すると、丹光が見えてきます

またサードアイは第6チャクラとも呼ばれています。

 

第6チャクラは直感力、超感覚、など非常にスピリチュアルな意味合いの強いものです。

 

現実的なチャクラが開いたところで高次のチャクラとして開く部分と言われています。

丹光の色が表すチャクラ

丹光には、様々な形が見えたり、色が見えたりします。

 

まずは丹光の色と、チャクラを見ていきましょう。

赤色やピンク色が第1チャクラ

場所としては尾てい骨の部分となります。生命力、現実的に生きるという意味です。

オレンジ色は第2チャクラ。自立心や創造力を意味します。場所は仙骨の部分。

黄色が第3チャクラ。おへその下の丹田となります。自信、活力の意味を持ちます。

第4チャクラの色は緑。ちょうど心臓の部分となり、意味合いは無償の愛。

第5チャクラはターコイズブルー。チャクラの場所は喉のあたりとなり、コミュニケーション能力、表現力などを表します。

第6チャクラは直感力、超感覚、真実を見通す力を兼ね備えたかなり高いチャクラとなります。色はインディゴブルー

第7のチャクラは頭頂部で、紫色となります。非常に次元の高い場所とつながっていると考えてください。

丹光の色で、チャクラを知る

丹光の色を見るのに一番適しているのは瞑想をすることです。

 

カーテンを閉めたくらい部屋で、椅子に座りリラックスをします。

目を閉じた状態で腹式呼吸をし、呼吸が落ち着き、腹部が温まったところで、意識を丹田のあたりから、第2のチャクラである生殖器の部分までうつしましょう。

すると、まぶたの裏に光の点が見えてくるはずです。

見えてきてから意識をサードアイがある部分まで持ち上げていきます。

 

すぐに光が見えなかったとしても訓練することで、確実に光は見えてきます。また瞑想をする習慣をつけていくことで、チャクラも開きやすくなり一挙両得ということになります。

普段の生活でついついおろそかになりがちな内省の時間、瞑想の時間を持つことであなたの生活はより豊かになっていくでしょう。

 

丹光の色で、チャクラを知ることで意識を高めていってくださいね。







-不思議な力まとめ

関連記事

ウニヒピリケアで記憶と意識をクリーニングしよう

ウニヒピリはハワイに伝わる「ホ・オポノポノ」という悩みや問題解決手段に関係してくるものです。 ホ・オポノポノは心の浄化や洗濯、関係の修復や修正などを目的にしていて、悩みや不安を正しい道に戻ることで解消 …

14大天使の種類と守護聖人としての特徴

小さな子供の屈託のない笑顔や赤ちゃんの寝顔を見て、「天使のようだ」と思うことはありませんか? 天使と聞いて日本人が思い浮かべるのは、背中に羽のある可愛らしい子供の姿です。アニメやお菓子のキャラクターの …

ツインレイとは?その特徴と見分け方、恋愛について

ツインレイに憧れるという人はとても多いのですが、ツインレイに出会える人はごく稀であり、ふつうは出会うことすら非常に難しいと言われています。 ツインレイを日本語に訳すと「双子の光」の意味となります。 も …

あなたのソウルメイトの特徴と見分ける方法

男性、異性、年齢を問わず、「この人しかいない。自分にとってこの人は特別な人だ」と感じたことはないでしょうか。 だれしも、その重みづけは別としてそう感じたことはあるはずです。実際に相手もあなたに対して同 …

あなたの前世を現世で生かす方法とは

自分の前世はなんであったかは、話のネタとしては興味があってもあまり信用している人はいないものです。 しかし初めて会った人なのに親しみを感じたり、初めて行った場所なのに前に一度来たことがある様な「デジャ …